CSR活動

CSR活動 ~地球にやさしい商品の提供

弊社グループは、30年間、プラスチックの射出成形金型を製作しております。その製作数は、数千あり、その金型からプラスチック製品がとても多く作り出されました。

プラスチックこと“合成樹脂”は、1900年代から使われ始め、戦後、世界で爆発的に普及し、人の生活の向上に大きく貢献してきました。現在でも進化・発展しており、スペースシャトル、航空機、自動車の軽量化・高燃費化、橋の高耐久化などに用いられるエンジニアリング・プラスチックを始め、一般的なプラスチックとともに、今後も一層の開発が期待されています。

しかしながら、プラスチックは“そのまま”では自然にかえることがなく、適切に回収・処分されないものは、最終、海に流れ込み「プラスチック汚染」を引き起こしていました。さらに近年では、そのプラスチックが細かく砕け、海にすむ生き物に大きな悪影響を与えていることもわかってきました。

 以前より、弊社もプラスチック関係企業としまして、樹脂射出成形金型の技術を活かし、何か貢献できることはないかと模索しており、数年前より「自然(土壌)に戻る生分解性プラスチック」の活用を研究しておりました。その後、“使い捨て”のプラスチック製品に耐久性を持たせ、さらに製品寿命が終わったあとでも、自然にかえる素材である生分解性プラスチックを使えば、環境問題に貢献できるのではとの考えに至りました。

そこで、時流のストローに照準を合わせ、2年間試行錯誤を重ね、この度弊社では、プラスチック製の「繰り返し洗って使える“エコ・ストロー“」を試作・開発いたしました。

この“エコ・ストロー”を、広く知って頂くとともに、企業様の環境問題への参加・協賛の思いを込めて、共に事業化できればと考えておりますので、是非、お声掛けを頂ければと思います。    

弊社は、金型を提供し、各企業様にて、広く製品展開、社名・ロゴ入りのノベルティなどにご活用いただければと考えております。

 (2020年1月、ストロー関連技術の特許取得。特許6644301号)

また、弊社では、ストローだけでなく、ヤシの木の皮、米などを原料としましたバイオマスプラスチックの利用も合わせて開発しており、コースターの試作も行っています。

お問合せはこちら

お電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら(日本・大阪窓口)

072-943-0760

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。